本校スタッフ

アンジェレス 和美
青森明の星短期大学英語科卒業。英語教員免許、後に日本語を母国語としない人への日本語教育に興味を持ち、日本語教員免許も取得。また、マクロバイオティックセラピスト資格も取得。
オレゴン州ポートランドにあるリッチモンド小学校の日本語イマージョンキンダーガーデンクラスが幼児教育のスタートとなる。サマーキャンプコーディネーター、またアフタースクールプログラムで日本語の宿題サポート等も担当。また、日本では横浜市鶴見おひさま学童クラブにて、1年生から6年生まで様々な年齢のこどもたちに向けてのアフタースクールプログラムを担当する。 また、青森では、日本語を学ぶ留学生等にボランティアで日本語を教えた。マクロバイオティックの知識を活かし、ファーマーズマーケットを探索したり、料理、また夫婦での旅行を楽しむ。
本校日本語プログラムの教員。

ボートラト 牧子
東京学芸大学教育学部卒。教師を目指していく中でシュタイナー教育に興味を持ち、ドイツの教育大学で1年間教育学を学んだのち、日本の小学校で6年間教諭として勤務。その後さらにシュタイナー教育の教師としてのトレーニングを1年間、スイスにて学んだ。渡米後は、ENAで日本人の子供たちに教えた。
英語と日本語での人形劇活動なども楽しんでいる。
本校日本語プログラムの教員。

ローラ・ブロック
De Anza College卒。Foothill Collegeにて初等教育を学ぶ。
英語の家庭教師の経験やショップでのマネージメントなどを経て、教師の道を選んだ。
余暇には読書と旅行を楽しむ。
本校の英語プログラム教員。

マイケル・ボーキン
州立カリフォルニアポリテクニック大学卒。カリフォルニア州教員免許を取得。ハーカースクールおよびロスアルトス学区で算数と理科を教えたのを含め、18年の教員経験がある。妻、ティーンエイジの2人の女の子と犬のルイの5人家族。本校の英語プログラムの教員

アイビー チュー
国立彰化師範大学卒。台湾では14年間、高校教諭として勤務。渡米後、子供のプリスクールでのボランティアを経験して、幼児教育に興味を持つようになり、プリスクールから高校生まで教えられる教師となった。
余暇には読書やハイキング、ベイキングを楽しむ。
本校のマンダリンプログラム教員。

ゴールド 和子
児童心理学を専攻後、幼稚園教諭として東京都の都内有数のマンモス校で主任として7年間勤務後渡米。アメリカ、カリフォルニア州にて3年間シャスタカウンティーの公立の小学校、チャータースクール等で日本語教師、教員補助としてキンダーから8年生までを教える。ベイエリアに移ってからは障害児教育にも携わり、
健常児と学習障害、自閉症などを持つ子供が共に学ぶインクルージョンプログラムを持つ幼稚園にて2歳児から小学生までを担当する。NCAPのプログラムにも参加しカリフォルニアの小学校のスタンダートの内容も網羅するアートの指導法を学ぶ。子供と過ごすこと、映画鑑賞、温泉が大好きな3児の母でもある。本校日本語プログロムの教員。

長谷川 祐子
宮城教育大初等教育科卒業。小学校教員免許取得。利府小学校で3年間教職についたのち、プロのテニスプレーヤーとして、日本、アメリカ、メキシコ、カナダ、ヨーロッパで4年間活躍する。その後、アメリカ国内(フロリダ、カリフォルニアを含む)のいくつかの場所で、テニスを教えて来た。現在、全米プロテニス協会のプロフェッショナル1ティーチングの資格を持っている。本校日本語プログラムのテニス、体育の教員。

金光 雅美
神奈川県にある St. Monica 社会体育科卒業。保育士、および幼稚園教諭免許取得。ケンジントン体育幼稚園での年少児を担当したのが幼児教育のスタートである。コミュニケーション、また野外活動などへの情熱からオーストラリアでの生活を経験する。帰国後、幼児教育への思いをあきらめず、子育てと両立しながら幼児教育学を学んだのち、横浜市、川崎市の認定保育園で保育士として勤務。 渡米後は、二人の子供たちのプリスクール、キンダーガーテンで、クラスボランティアとして学校教育に関わって来た。最近ではサンマテオカウンティー職員として、スペシャルエデュケーションクラス勤務。そこでの経験から、改めて教育の大切さや人と人の関わりの大切さなどを実感している。身体活動を通して学びながら、子供たちに自信をつけさせていくことに力を入れている。本校日本語プログラムの教員。

甲地 悦子
金城学院大学短期大学部 文科 英文専攻卒業。英語科教員免許取得。アーカンソー州にて約1年間の語学研修後、日本に戻り、塾講師、中学校臨時講師を経て静岡県浜松市内の中学校で4年間教諭として勤務した。
アメリカでは、サンディエゴのバルボアパーク内にある日本友好庭園にて、子どもたちに日本文化を伝えたり、サマーキャンプを担当したりした。その後、サンディエゴの日本語学校「こくご学園」にて小学部の担任として3年間勤務した。南カリフォルニアでは、3歳から10歳までの子どもたちを対象とした日本語•ひらがな教室を開いていた。
読書が好きで、休みの日には家族と共に過ごす時間を楽しんでいる。
ここ、ベイエリアでも日本語教育に携わることができ、とても嬉しく思っている。本校日本語プログラムの教員。

ノックス ひろみ
サンノゼ州立大学で幼児発達学を専攻、また、ディアンザカレッジ人文科卒業。カリフォルニ州プリスクール教員免許取得。Early Horizonsで保育士として乳児、幼児クラスを担当。また、Okasan and Meでは、子供たちにバイリンガル教育を実践。 あたたかく子供たちを見守りまた忍耐強く子供たちと接することで、子供たちが自分自身をうまく表現し、また自信を持てるように励ましている。自分の理想とする日本語イマージョンプログラムに携わることが出来て、嬉しく思っている。 余暇には絵を描いたり、裁縫、工作を楽しむ。
本校日本語プログラムの教員。

ジャニス リー
台湾国立新竹教育大学音楽科卒業。台北で、14年にわたりキンダーガーデン及び1年生を教える。 台湾の教育省より優秀賞を授与される。ピアノ、バイオリン、声楽にも秀でている。本校中国語プログラム教員、また、ピアノレッスン講師。

マリア ピンラック
カナダのライアソン大学で情報技術管理学を学ぶ。またオーストラリアのウォロンゴン大学、教育学部卒業。
日本をはじめ、韓国、スリランカ、オーストラリアといった国々の私立校またNGO団体での10年以上の教員経験を持つ。
教育を通して子供達の生活の向上を目指すことに力を入れている。
余暇には、ヨガ、ハイキング、読書、クッキング、そして北カリフォルニアを旅することを楽しんでいる。
本校英語プログラムの教員。

ロバート・リーガン
ボストン大学を優等で卒業。教育学修士課程修了。教員免許取得。4年間のアイスホッケーで奨学金を受ける。アイスホッケー部副キャプテン、全国大会準決勝進出。アンサンヒーロー賞、オールアカデミックアメリカン賞受賞。アメリカと日本で様々な教科、学年を教えた経験を持つ。ボストン大学で、ボストンのインナーシティの学校の改善を目指すパイロットプログラムに参加。フレンチアメリカンスクールでは、教職員を代表して理事のメンバーとなる。渋谷中学高等学校では帰国子女のためのカリキュラム作成に携わり、また、帰国子女クラスを担当。ハーカー英語学校(ELI)創設の校長。Lessons In Englishを創始。 創設者の1人で英語プログラムの教員。

リーガン 智子
早稲田大学教育学部英語英文学科卒。中学、高校の英語教員免許取得。渋谷幕張シンガポール校(現早稲田渋谷シンガポール校)では様々なレベルの生徒に英語を教えた。また、渋谷教育学園渋谷中学高等学校で、中学生、高校生に英語を教えた経験を持つ。英国短期留学プログラムの引率、また玉川学園からハーカースクールへの短期語学研修時、ホストファミリーの通訳として携わる。子供たちには自信を持って、自分を表現出来る様になって欲しいと願っている。
創設者の1人で、日本語プログラムの教員。

佐藤 康
順天堂大学体育学部卒。 柔道5段。 江戸川学園取手校に勤務した後、いくつかの職を経て渋谷教育学園渋谷中学高等学校に勤務。入試対策部部長として、あちこちの講演会にひっぱりだこである。
本校の日本語プログラムのカリキュラムや入試対策のコンサルタント。東京校を開校するときのパートナー。

鶴池 靖子
バスケットボールを中学から始め、WJBL「日立戸塚」でプレイ。選手引退後、日立製作所で勤務。日立製作所退職後、10ヵ月間、アメリカサンディエゴで、語学研修を通じて、異なるさまざまな文化を体験した。日本に戻り、大阪府堺市立の小学校で総合学習、主にコンピューターの非常勤講師として2年間勤務。その時の経験から、大学に再入学し、小学校教員免許を取得。その後、大阪府の公立小学校で10年間教諭として勤務。
アメリカにいながら日本の文化、日本の教育を受けられる環境で、教育に携われることを嬉しく思っている。自分の思いや考えを豊かに表現できる子ども達に、そして、笑顔で自分らしく活動できることに力を入れている。本校日本語プログラムの教員。